えっこんな所も!?サロン脱毛を受ける上で注意したいポイント

脱毛で使用するジェル

サロンで用いられるのは光による脱毛がスタンダード。一口に光脱毛といっても、実は細かな違いがあることを知っていましたか?ここでは光脱毛を受ける際に注意しておきたいポイントをまとめました。

注意①光がどこにアプローチするのか?

「光=どうしても熱いもの」と思っていませんか?実はその熱さ、毛を無理やり抜くため肌にダメージを与えているかもしれません。

一般的な脱毛サロンで用いられている光脱毛は、殆どがIPL(インテンスパルスライト)方式と呼ばれるもの。

肌の黒い部分(毛穴や毛、メラニン色素など)に反応して光り、毛穴の奥深くにある毛根や毛母細胞に熱ダメージを与えていきます。そのため、熱をダイレクトに感じて痛みを強く感じることが。

痛みが苦手な方だけでなく、やけどのリスクもあるので慎重に検討するべきでしょう。

一方、肌の黒い部分ではなく、毛を作る組織全体にアプローチしたSHR(スーパーへアリムーバル)式の脱毛であれば熱を全体に分散させるため、

熱さや痛みが軽減できます。熱を分散させることでやけどの心配もなく、
肌にかかる負担を抑えられるのです。

注意②どんな肌・毛に効果的か?

IPLとSHRの違いは、ライトがどこにはたらきかけるかどうかの違いということを説明しました。これは肌質や毛質にも同じことがいえます。

一般的にIPLはショット時の肌ダメージが大きいことやメラニンに反応することから、色素の薄いうぶ毛には反応しません。

またもともと色黒の方だとマシンが毛を適切に認識できないので、脱毛効果が薄れてしまうのもネック。

一方SHRではメラニンや毛の濃さに関係なく、毛全体の組織を認識して照射する仕組みが特徴です。そのため、目に見えないうぶ毛にも反応してまんべんなく脱毛処理できます。

紫外線が気になる沖縄では、色の黒さが原因で従来の脱毛技術では満足できるケアがしにくいもの。

脱毛を沖縄でするなら、信頼できるスゴ腕サロンへ 。綺麗なツルツル肌を手に入れたいなら、確実な技術を搭載したマシンを扱うサロンに足を運ぶのが一番の近道です。